FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

つくば訪問道中記から20年。~ひたち野うしく駅から無くなったもの

つくば訪問道中記から20年。~ひたち野うしく駅から無くなったもの

つくば訪問道中記から20年。~ひたち野うしく駅から無くなったもの


まだインターネットがスピードも、掲載されている情報も正確なのかどうかが怪しく、情報が少なく、スマートフォンもなく、ガラケーで見るような時代だった2000年(平成12年)。
科学万博-つくば’85(つくば万博/国際技術博覧会/EXPO85)の遺構を探そうと、常磐線 万博中央駅の跡地に完成された、という「ひたち野うしく駅」〔茨城県牛久市ひたち野西〕に降り立ったのは、2000年07月14日のことでした。

何から調べたら良いのか分からず、やたらめったらひたち野うしく駅で撮影しまくったことを覚えています。

今でこそ、スマホの性能が上がり、誰でもカンタンに写真を撮影し、SNSに気軽にUPする時代。しかし、あの2000年の夏はまだ、「撮影すること」の敷居が高い。そんな時代でした。

あの日のひたち野うしく駅の訪問から20年。

ひたち野うしく駅から「無くなったもの」を取り上げます。


「つくばエキスポセンター」の看板

「つくばエキスポセンター」の看板。ひたち野うしく駅。(2000年撮影)
「つくばエキスポセンター」の看板。ひたち野うしく駅。(2000年撮影)


1番線ホームの壁際に、「つくばエキスポセンター」の案内板がありました。
訪問時の2000年はまだ、つくばエクスプレス(TX)が開業しておらず、つくば市街地、つくばセンターは陸の孤島。
つくば市街地へのアクセス駅(のひとつ)は、常磐線ひたち野うしく駅だったのです。

しかし、つくばエクスプレスが開業するやいなや、ひたち野うしく駅のホームからは、「つくばエキスポセンター」の看板はなくなってしまいました。


ホームの灰皿

JRひたち野うしく駅の灰皿。(2000年撮影)
JRひたち野うしく駅の灰皿。(2000年撮影)

2000年はまだ、JRの駅ホームで喫煙ができた時代でした。
さすがに、ところ構わず喫煙ができたわけではなく、「喫煙所」なる区画が用意され、そのエリア内で喫煙しました。

未だに古い駅で、ホームが改修されていない駅ホームだと、四角く縁取られた“遺構”が存在しますが、あれは喫煙エリアのなごりです。

そして、比較的新しい駅であるひたち野うしく駅のホームにも喫煙エリアはあり、当時としては画期的なデザインの灰皿が用意されていました。



JR駅レンタカーのブース

ひたち野うしく駅/KIOSKとレンタカーブース。(2000年撮影)
ひたち野うしく駅/KIOSKとレンタカーブース。(2000年撮影)

ひたち野うしく駅の改札を抜けると、駅構内に「JR駅レンタカー」のブースがありました。
「ひたち野うしく営業所」として営業していましたが、利用者が少なく、数年後に駅構内からは撤退してしまいました。


ひたち野リフレ の入居店舗

2000年の訪問当時、JRひたち野うしく駅周辺はまだ未開発で、更地が広がっていました。

ひたち野リフレに入居するローソン。(2000年撮影)
ひたち野リフレに入居するローソン。(2000年撮影)

東口にはガラスでできた建物がぽつんとあり、ひたち野うしく駅の“未来感”を演出していたように感じられました。このひたち野リフレは、我が茨城県日立市が産んだ建築家妹島和世女史による設計です。女史は後年、JR日立駅の設計にも携わります。

このころは、1階にコンビニローソンと、イタリアンレストランが入店していました。
荒野だったひたち野うしく駅周辺はまだ、出歩く人が少なく、「こんなところで商売になるのかな?」と思っていましたが、コンビニもレストランも、のちに撤退してしまいました。


KIOSKがリニューアルされた!

再び、ひたち野うしく駅構内に戻ります。

もともと、ひたち野うしく駅にはキオスクがありました。
私は、このキオスクが営業しているときを見たことがなかったのですが、どうやら平日の通勤時間帯のみ営業していたようです。本当にちいさなコンビニでした。

KIOSK ひたち野うしく店。(2000年撮影)
KIOSK ひたち野うしく店。(2000年撮影)


あれから20年。
ひたち野うしく駅周辺にはたくさんのマンションが建ち並びました。
また、現在も建設中のマンションがあります。

2000年当時に入居して生まれた子ども達は、二十歳になりますね。
今回の訪問時は、下校時間帯だったようで、小中学生や高校生が駅周辺にたくさん居られたのが印象的でした。

KIOSK ひたち野うしく店。2年前に改装されたそうです。
KIOSK ひたち野うしく店。2年前に改装されたそうです。

何もなかった街が、こうして形成されていくのか。と思いました。




いばらきだいすき セカンドシーズン
つくば訪問道中記から20年。~ひたち野うしく駅から無くなったもの





Powered by Studio Ibaraki Daisuki co.Ltd,
... #牛久市ID






スポンサーサイト



『豆日刊茨城』 blogランキング

FC2 Blog Ranking

| 【更新】いばらき だいすき | 05:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

https://ibarakinews.blog.fc2.com/tb.php/1066-a9ac5601

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT