FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

移設された茨城百景 稲田御坊西念寺

移設された茨城百景 稲田御坊西念寺

移設された茨城百景 稲田御坊西念寺_茨城県笠間市稲田


昭和25年(1950)05月10日、茨城観光審議会が茨城県内の100の景勝地を制定しました。
該当する場所には茨城百景が設置されました。

茨城百景碑が建立されてから今年2020年(令和02年)で、70年の年月が経過したことになります。この70年間の間に消失した碑もあれば、何らかの事情で移設(移動)した碑も存在します。

今回は、茨城百景 054 稲田御坊西念寺を取り上げます。




現在の茨城百景 054 稲田御坊西念寺

現在
2013年(平成23年度)、JR稲田駅前から稲田御坊西念寺〔茨城県笠間市稲田〕の駐車場に移設されています。

茨城百景 054 稲田御坊西念寺(2017年撮影)
茨城百景 054 稲田御坊西念寺(2017年撮影)


場所 / アクセス

JR稲田駅から国道50号を南西に約1キロ。徒歩で30分程度の、稲田御坊西念寺の駐車場に茨城百景碑があります。




茨城百景碑の見え方

稲田御坊西念寺は、国道50号から少し入った場所にありますが、周囲が田んぼのため視認性があります。

茨城百景碑から、国道50号方面を望む。
茨城百景碑から、国道50号方面を望む。


移設理由

茨城百景 054 稲田御坊西念寺がJR稲田駅前から稲田御坊西念寺の駐車場に移設されたのは、稲田駅前に「石の百年館」を移設することが目的でした。

石の百年館 / JR稲田駅前(2019年撮影)
石の百年館 / JR稲田駅前(2019年撮影)



以前(2005年当時)の茨城百景 054 稲田御坊西念寺

以前
水戸線 稲田駅前にありました。

茨城百景 054 稲田御坊西念寺 (2005年撮影)
茨城百景 054 稲田御坊西念寺 (2005年撮影)

稲田駅跨線橋から茨城百景碑を望む。(2005年)
稲田駅跨線橋から茨城百景碑を望む。(2005年)


JR稲田駅 駅舎が改修されています

2013年(平成23年)03月06日、JR稲田駅駅舎が新しくなったことを記念し、記念式典が行なわれました。
駅舎の建材には、笠間市稲田地場産の稲田石(稲田御影)が採用されています。

JR稲田駅 / 新駅舎 (2019年撮影)
JR稲田駅 / 新駅舎 (2019年撮影)


稲田御影 / 石切山脈

水戸線稲田駅から北西に1キロ、花崗岩の採掘場「石切山脈」〔茨城県笠間市稲田〕があります。
明治以来、「稲田みかげ」と呼ばれ、東京を中心に建築材料として使われてきました。

石切山脈_俺の小さな旅_笠間市_稲田



いばらきだいすき セカンドシーズン
054 稲田御坊西念寺




Powered by Studio Ibaraki Daisuki co.Ltd,
… #笠間市ID

..
スポンサーサイト



『豆日刊茨城』 blogランキング

FC2 Blog Ranking

| 茨城百景 | 05:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

https://ibarakinews.blog.fc2.com/tb.php/1103-4bad3261

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT