FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

共楽館(日立武道館)~日立鉱山労働者の娯楽施設

共楽館(日立武道館)~日立鉱山労働者の娯楽施設

共楽館(日立武道館)~日立鉱山労働者の娯楽施設
共楽館(日立武道館)~日立鉱山労働者の娯楽施設

日立市指定有形文化財 (建造物第三号) 平成21年09月30日指定
国登録有形文化財 (建造物 登録番号08-0006) 平成11年07月08日登録

管理者 日立市教育委員会

大正06年(1917)に竣工した共楽館は、日立鉱山の従業員とその家族のための福利厚生施設である。鉱山従業員による設計で、西洋の建築技術を取り入れつつ日本の伝統的な建築意匠を配した、和洋折衷の大型木造建築物である。歌舞伎の上演を想定して建設されたため、館内には回り舞台と格納型の花道があった。

大きさは、建坪約338坪、間口16間、奥行き21.5間、高さ約9.2間、建設費は35,000円という。一階は土間に長椅子がおかれ、不要なときは片付けられた。二階は桟敷。定員は合計で980人であった。

周辺住民にも開放され、地域の文化振興に寄与した。現在は武道館として改造されたが、建設当時の外観をよく残しており、日立鉱山発展を示す産業遺産として貴重な施設である。





共楽館で「日立鉱山」に興味を持った

俺っちが、『日立鉱山』関連に興味を持ったきっかけは、イトーヨーカドー日立店で開催された展示展『ふるさと日立と共に』です。

2017年(平成29年)11月21日~26日の期間、イトーヨーカドー日立店〔茨城県日立市〕で、NPO法人 共楽館を考える集い主催による共楽館創建100周年記念パネル展 ~ふるさと日立と共にが開催されました。
同展示展は、映画「ある町の高い煙突」の映画化を記念した側面もあり、最終日26日は松村克弥監督も来場され、トークショーが行なわれました。


共楽館(日立武道館)を見学する

今回の登山旅( #袋田の山の旅20 )初日は、日立市にやってきました。

共楽館(日立武道館)を側面から。
共楽館(日立武道館)を側面から。

共楽館(日立武道館)〔茨城県日立市白銀町〕へは16時過ぎの訪問。入館するのは初めてです。係の方に館内を一緒に回っていただき、順を追って説明していただけました。

2階、出演者控え室。
2階、出演者控え室。

2階から館内を見渡す。
2階から館内を見渡す。

改修される前は、旗のある部分に舞台がありました。回り舞台だったそうで、今でも回り舞台の装置は床下に眠っているそうです。時折、風の影響などで回転し、音が聞こえるとか。


観客の待合場。今で言うホワイエ。
観客の待合場。今で言うホワイエ。

急な訪問(予約もしていない)にも関わらず、丁寧に説明、ご案内をいただきました。
現地でもお礼を言いましたが、改めて御礼申し上げます。




いばらきだいすき セカンドシーズン
共楽館(日立武道館)~日立鉱山労働者の娯楽施設





Powered by Studio Ibaraki Daisuki co.Ltd,
… #日立市ID








スポンサーサイト



スキャナーサイト 低価格に販売 法人 即納



topにもどる

『豆日刊茨城』 blogランキング

FC2 Blog Ranking

| 【更新】いばらき だいすき | 05:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

https://ibarakinews.blog.fc2.com/tb.php/1228-6774cec0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT