FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

伊奈氏屋敷跡~伊奈氏の屋敷跡が埼玉の伊奈町にあった

伊奈氏屋敷跡~伊奈氏の屋敷跡が埼玉の伊奈町にあった

伊奈氏屋敷跡~伊奈氏の屋敷跡が埼玉の伊奈町にあった
伊奈氏屋敷跡~伊奈氏の屋敷跡が埼玉の伊奈町にあった

伊奈忠次――。

備前堀〔茨城県水戸市本町〕に建つ、伊奈忠次の像。
備前堀〔茨城県水戸市本町〕に建つ、伊奈忠次の像。

茨城県から見ると、伊奈忠次とは『備前堀』を作った人物であり、「備前堀」〔茨城県水戸市〕の伊奈忠次の像が目に浮かびます。


伊奈忠次は天文19年(1550)、小島城〔現在の愛知県西尾市小島町〕主・伊奈忠家の子として生まれました。父忠家は永禄06年(1563)、三河一向一揆に加わり、徳川家康に敵対することで城を追われました。

天正10年(1582)の本能寺の変で、忠次は小栗大六の与力となり、徳川家康に貢献。帰参しました。

家康が関東入国後、忠次は代官頭として武蔵国足立郡小室1万3千石(1万石とも)を与えられ、小室郷〔現在の埼玉県北足立郡伊奈町小室〕に陣屋を構えました。

今回は、その「伊奈氏屋敷跡」に訪問します。


アクセス:伊奈氏屋敷跡

名称:伊奈氏屋敷跡
住所:埼玉県北足立郡伊奈町小室217−5




二の丸 跡

「二の丸」跡。
建物など遺構は一切残りませんが、盛り上がった敷地が当時を偲ばせます。

二の丸跡 / 伊奈氏屋敷跡
二の丸跡 / 伊奈氏屋敷跡

また、公道とは別に、「散策路」が整備され、ある程度自由に敷地周辺を歩けるようになっています。


頭殿権現社(ずどのごんげんしゃ)

頭殿権現社 本堂。
頭殿権現社 本堂。

頭殿権現社として長禄02年(1458)頃に、太田道灌(おおたどうかん)が勧請したといわれ、天正19年(1591)に、忠次が陣屋に入った後に、陣屋の守護神としました。


仮設トイレがある

仮設トイレが設置してあります。
手洗いの蛇口が無かったので、だれかの悪戯かと思いました。偶然にも、一歩前に出たら足下のフットペダルを踏んでしまい、水が出ました。





「伊奈氏屋敷跡 散策路マップ」

伊奈氏屋敷跡の散策路の各地にポストがあり、その中にA3カラーで作られた「伊奈氏屋敷跡 散策路マップ」が提供されています。

「伊奈氏屋敷跡 散策路マップ」。
「伊奈氏屋敷跡 散策路マップ」。

お手製で作られたA3サイズのマップ。伊奈氏(伊奈忠次)についての紹介や、みどころなどを丁寧に紹介してあります。訪問の際は、なるべく早く入手しておきたいです。



障子堀 跡(裏門)

敵兵の進行を阻むための「障子堀」。

障子堀 跡(裏門)。埋め戻されています。
障子堀 跡(裏門)。埋め戻されています。


後年、中心的機能は赤山に移る

寛永06年(1629)に、三代伊奈忠治が現在の川口市赤山に陣屋を移したため、中心的機能は赤山に移りました。

「みちとの出会い 赤山街道」展 〔川口市立郷土資料館〕 ※すでに展示期間は終了しています
「みちとの出会い 赤山街道」展 〔川口市立郷土資料館〕 ※すでに展示期間は終了しています




いばらきだいすき セカンドシーズン
伊奈氏屋敷跡~伊奈氏の屋敷跡が埼玉の伊奈町にあった





Powered by Studio Ibaraki Daisuki co.Ltd,



スポンサーサイト



スキャナーサイト 低価格に販売 法人 即納



topにもどる

『豆日刊茨城』 blogランキング

FC2 Blog Ranking

| 【更新】いばらき だいすき | 05:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

https://ibarakinews.blog.fc2.com/tb.php/1307-b1f98dd5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT